陶芸生活日記



<   2006年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧


温度計が壊れた!

温度計が壊れた、といっても正しくはパイロメーターが壊れたのだが!

保護管と熱電対温度計の付け根が外れた。
c0070741_2161792.jpg

外れるとこんな感じです。保護管にタコ糸を巻き補修します。

c0070741_2162864.jpg

石膏を硬めに溶いて、タコ糸に塗りたくります。
すごいピンボケですがこれしかないのでご勘弁を!

c0070741_2163782.jpg

ぐっと、さして周りをきれいになでて元通りに!
僕はずっとこの方法で治してますが、
ホントにこれでいいのかは疑問です。
でも、ずっと使えてるからOKです。

ためになりました。ジャーここを!
 blogランキング、ここをクリック!  ホームTOP
[PR]
by yakimono.takano | 2006-01-31 21:12 | 陶芸

ご報告!

みなさんのたくさんの禁煙コメント、ありがとうございます。
陶芸よりコメントが多かったような・・・・・・・

で、わたくしあの日以来1本も吸っておりません!

以上。


えらいでしょ!じゃーここを押しちゃって!
blogランキング、ここをクリック!  ホームTOP
[PR]
by yakimono.takano | 2006-01-27 12:48

やめました!

わたくし本日を持ちましてタバコやめました。

禁煙ではありません!やめたので!!

けして我慢をしてるわけじゃないので
かわいそうなんて思わないでください!

でも、同情してくれるならクリックを
blogランキング、ここをクリック!  ホームTOP
[PR]
by yakimono.takano | 2006-01-25 21:18

ミノニノミニ!

第二回陶芸ブログオフin美濃が笠間に続き岐阜県多治見市で行われるそうです。

場所は、多治見の三の倉市民の里『地球村』
予約の関係で、1月30日までに開催日を決めなくちゃならないそうです。

オフ会予定日の候補は・・・・・
5月13~14日、または5月20~21日のどちらか
お泊りは、ログハウスを予約するそうです。

どちらがいいかを「陶芸の日記みたいなもの」yaduki-sion さんまでコメントしてください。

笠間も楽しかったんで今回の美濃も盛り上がることまちがいなし!
前回来れなかった方、みんなのオフ会ブログを見ていいなーなんて思ってた方
今回こそは、あの全国のうまい酒が集まるオフ会に参加してみては?

今回も楽しみなオフ会いいなと思った方はクリックを
blogランキング、ここをクリック!   ホームTOP

といいつつ、僕はこの頃妻の出産で参加できるかは微妙な状況ですが・・・・・・
いけなかったらごめんなさい!
[PR]
by yakimono.takano | 2006-01-23 22:13

なぜ、陶芸を始めたのか?

またまた、疑問系の話題ですみません!

あなたはなぜ陶芸を始めたのですか?
それを仕事にした理由は・・・・・・・・

独立当初の陶芸家に聞くといろいろな返事が返ってくる
たとえば、

会社員がいやになって、自分で出来る仕事をとか
陶芸教室に通っていて面白かったからとか
何か手仕事がしたかったが陶芸が入りやすそうだったからとか
料理人をしていて自分で作った器に盛りたかったとか
田舎暮らしをするのに何か仕事を探していてとか

ホントにいろいろだ!
じゃー、いつから伝統工芸展などの公募展に出し
陶芸界でのメジャーを目指し始めたのか?

売ることに一生懸命になったのか?

これについては特に聞いたこともないし
わからない!

では、僕の場合なぜ、陶芸をはじめ独立して
今に至るのかをちょっと書いちゃおう。

19歳の時に交通事故で仕事をやめ家業だった焼物の仕事を
継ぐことを、父に話す。
ただ、僕の場合陶芸が好きとか父の仕事が魅力的とかは
まったくなく、勤めに出ても人間関係ですぐトラブルになり
次に何かを見つける間ぐらいに思っていたと思う。

そして、父に言われるがまま茨城県の窯業指導所へ・・・・・

そこで13人で研修を始めたが僕ともう一人の陶芸家の息子だけが
まったく何も知らず、何も出来ずで後の11人は弟子経験があったり
独立準備前の仕上げのような感じの人だった。

でも、負けず嫌いの僕は僕だけロクロが挽けないのが許せず
家でひそかに練習、これも好きというより、みんなに負けたくない
ぐらいの動機だったと思う。

が、単純な僕はロクロが挽けるようになると
陶芸自体も面白くなり、研修が終わる頃には
父に、他に修行に行きたいといい父と大喧嘩をし
結果、ある陶芸家に弟子入りを・・・・・・・・・

その後、タタラだけで器を作る工房に1年ぐらいいた後
父に自分で作家として独立したいといい
また、喧嘩しながら独立!
その頃には、相当陶芸も好きになっていました。

で、独立したのですが、その頃は現代美術や
オブジェなどを作ったりしてほとんどロクロも挽かず

独立して半年ぐらいたったころあるギャラリーから
グループ展でもという話をもらい参加

が、打ち合わせの席でオーナーが言った一言で
切れました。初展示会なんだから安けりゃ売れるみたいなことを言われ

で、高いのをウーンと持って行けばカッコ良かったんでしょうが
僕は逆にみんなの半分の値段で大量に搬入!

そしたら、後であっちこっちのお店から大量注文が!
1件から200~800個の注文で常時何千個の注文が
いつも順番待ち!
あの頃は、1日12時間1日700個ぐらい湯呑みを挽きました。
でも、これでロクロに自信が持てました。

その後は結構コンスタントに仕事をし弟子も4人取りましたが
2年ぐらい前に、自分はこのままじゃ作家じゃなく
工場の親父になると、お店の注文をほとんど断り
個展中心の仕事に切り替えました。

結果、すごく貧乏になりましたが、毎日楽しいです。
僕にとって、きっと今までが修行でこれからが自分の作品を作る
ホントの独立なんだと思っています。

ただ、僕にとっての陶芸のきっかけはみなさんに
いえるような立派なものじゃありませんが、今じゃえらそうに
陶芸家を名乗っています。
そしてこれからも、陶芸家と今まで以上に胸を張って
名乗ることでしょう。

最後になぜオブジェなどを作らなくなったのか?
陶芸を知らなかった僕にとって、陶芸イコール織部や志野の伝統工芸でした。
が、あるとき変な焼物が、器なのに変な形だったり
どう見ても使えそうにないものたち!
驚きでした。
で、作っている人の所に弟子入り!ですが
いざ自分で作ると、コンセプトや意味を作品に
見出さないとならない、形の面白さばかり考えて作ると
お客さんにこの作品のコンセプトはと聞かれる・・・・・
なんとなくは考えていましたが、自信を持ってこれはこういう意味でなんていえない!
しかも、面白い形にとらわれるあまり、後付でコンセプトを考える自分がいる。
これがその頃すごい自己嫌悪でいやでした。
それなのに、器は作っていて楽しい!新しい技法を試すと
いろいろな表現が出来るし、新しい自分の可能性を見つけられるような気がして
オブジェを作るのを、あるときから一切やめちゃいました。
インスタレーションやオブジェ展、野外現代美術展なんかも
結構参加してたんですが・・・・・・

と、まー僕はこんな感じで生きてきました。いかがでしたか?
yakimono,takano劇場は・・・・・・・

こんな悪ガキがとお思いでしょうが、よろしかったらクリックを!
 blogランキング、ここをクリック!   ホームTOP
[PR]
by yakimono.takano | 2006-01-19 21:50 | 陶芸

では、売るということは?

茶碗で皆様の貴重な意見をいただき僕なりにもう一度
考えながら、茶碗を作ることにします。

で、基本的には茶碗を作るのは好きだし
作ってる時に緊張すらする。
これは、僕の作品作りには大変重要な
ことだと思います。

なので、売れなくても結局作り続けるでしょう。

では、作品を売ることに関してはどうお考えですか?

やはり、僕の知ってる人で有名大学を出て
オブジェを作りたかった人がたまたま伝統工芸展で
入賞、以後オブジェはほとんど作ってないといってました。

入賞したのもその人の作品ですがホントにやりたかったことは
その当時は、現代美術だった。

これは、極端な例でしょうが、こういうことって多いですよね!

ホントに好きなもの作ってますか?の質問に「ハイ」といえますか? 

売ることと、作ること難しい問題です。

で、僕はというと・・・・・・
作風がないのが作風の僕はすべてが好きなものです。(ウソ)

それでも、僕は陶芸を続けます。ので・・・・・
クリックお願いします。
blogランキング、ここをクリック!  ホームTOP

書いてるうちに何をいいたいかわけがわからなくなりました。
ごちゃごちゃでごめんなさい!
[PR]
by yakimono.takano | 2006-01-18 09:10 | 陶芸

茶碗の疑問!

■陶芸(楽陶会):いよいよ制作開始!野立てに向けてにTB

茶碗はいろいろと作る時に考えさせられます。
形はどうするか?たとえば、日本で出来た形(織部や志野など)にするか
朝鮮系の形にするかとか

この形にこの釉薬は茶道の決まりに合うのかとか・・・・・・

僕も少しだけ裏千家をかじりましたがいざ作るとなると
何もわかりません!

茶溜りはホントにいるのとかも疑問です。

そこで、陶芸家で茶人の友人に聞いてみたところ
好きに作ればという答え!僕の頭の中は「??????」

何でそんな答えが・・・・・・・・・

友人が言うには、「今作ってる茶碗は現代茶碗で写しではない」
使う人がいいと思って残った茶碗が100年後
その時代の茶碗として写されて作り続けられるから

先人たちがその時代に何かを写そうと思っていたら
志野や織部などの形は生まれなかったろうと言う

なるほど・・・・・・・・

最初は朝鮮系の写しだったろうがそれが独自の進化をし
今の形になったのだろう!ちょっと納得!

では、茶溜りは必要かの質問には!
基本的には新しい形の茶碗にはなくてもいいとか

でも、彼は陶芸家・・・・・・・
陶芸家の経済で話すと、茶溜りはあったほうが売りやすいとか
これも、言ってることはわかる!

使う側が茶溜りがないと茶碗とみなさないことが多いからだ!

で、結局どうすればいいのか?わかりません!
誰か教えて・・・・・・・・・・・・


最後に、ある茶道の家元にぼくが言われた一言!
「この茶碗うちじゃ使えないから!」

これって、もしかして新しい茶碗なんて認めないよってこと?
う~~~~んわかりません!どういう意味じゃ~~~~!

奥が深いんですね!茶碗を作るのって!!

僕の疑問はいいとしてここをクリックして!
 blogランキング、ここをクリック!  ホームTOP
[PR]
by yakimono.takano | 2006-01-16 21:10 | 陶芸

青器完成!

去年の4月から試行錯誤を続けいろいろなバージョンや色で
試していた器がやっと思いどうりに出来るようになりました。

名づけて、
「彩色象嵌青器」(さいしょくぞうがんせいき)
c0070741_15233513.jpg

これが内側です。このほかに内側が灰釉のバージョンも!
c0070741_15234949.jpg

外側はこんな感じ、ルーシーちゃんポイ高台にしてみました。

作り方は・・・・・・・
器を作り、青化粧土を吹き付けて白化粧土を
線象嵌して、素焼きにします。
素焼き後、すごく薄く釉薬を吹き付け
本焼き、線と線の間に金・銀彩を施し完成!

僕が普段作っている「砂の器」シリーズより手がかかりますが
結構気に入ってます。

これからは個展などにたびたび登場していくと思いますので
是非、見てやってください!

気に入った方もそうでない方もクリックを!
 blogランキング、ここをクリック!  ホームTOP
[PR]
by yakimono.takano | 2006-01-14 15:29 | 陶芸

笠間焼初窯展-戌もあるけば陶に当る-

新春イベント、[笠間焼初窯展-戌もあるけば陶に当る-]
水戸市三の丸 『 水戸市常陽藝文センター 4Fアリーナ』で
平成18年1月11日(水)~15日(日)まで開催します。

茨城県内の主な作家が作品を展示、販売します。
このイベントに僕も急遽参加!

笠間でお正月に行った彩初窯市に参加して
このイベントの主催者である笠間工芸の丘の担当者に
声をかけていただきました。

今年は初春からいろいろなイベントに参加しています。
3月までにグループ展があと4つそろそろ
遅く取ったお正月を切り上げ仕事に入らないと・・・・・

でも、その前にもう1本!プシュ~~っと・・・・

お約束!↓クリック!をお願いします。
blogランキング、ここをクリック!  ホームTOP

WEB陶芸展、投票結果が発表されました。僕に投票していただいた方々
大変ありがとうございました。気になる結果は・・・・・・こちらを
[PR]
by yakimono.takano | 2006-01-09 22:35 | 陶芸

笠間焼研究会「糠白釉の仕事展」

明日までですが・・・・・・・・・・(web陶芸展の投票も

先日もお伝えした、笠間焼研究会「糠白釉の仕事展」を
笠間工芸の丘、クラフトホールで開催しています。

c0070741_21565620.jpg

これが笠間工芸の丘のクラフトホールの建物です。
8角形の建物で普段だあまり催しがされていませんが・・・・・
c0070741_2157842.jpg

これが看板です。今回はお金がかかってます。
中でアンケートに答えると笠間焼のぐい呑みプレゼントも
やってます。もちろん答えていただいた方全員に!
ここでは作品の販売はしていません!
c0070741_21571719.jpg

そして、会場内の中央には昔の笠間焼の糠白釉の展示が・・・・・
江戸時代~昭和初期のものが並んでいます。
c0070741_21572882.jpg

その奥に僕の作品が・・・・・・あまり触れずに次に・・・・・・
c0070741_21573797.jpg

この方の作品は、酸化焼成のあと1150℃~950℃まで冷却還元した作品
白と黒のバランスがキレイでした。
c0070741_21574670.jpg

この手前の片口がすごくいい釉薬だったので写真に!
糠白釉というよりは透明釉の灰色がかった釉薬でしたが
結構すきです。
c0070741_2157551.jpg

この透かしの鉢の釉薬はすごくいいです。釉薬が溶けすぎていなく
白の色もほどよく古色がかっていて!

釉薬のレシピも書いてありましたが・・・・・・・・・・・

こういう感じで16名の作品が展示されています。
常時作家も在廊していますので質問等も受け付けてくれます。
興味のある方は明日3時までやっていますのでお越しください!

↓をクリックしてね!お・ね・が・い!
blogランキング、ここをクリック!    ホームTOP
[PR]
by yakimono.takano | 2006-01-06 22:15 | 陶芸


陶芸家の日々の暮らしや仕事のことなどを、日記のように気ままに綴っていきます。
リンク
高野利明オフィシャルサイト
高野利明e-mail
人気blogランキング

↑ ワンクリックで1円の
募金が毎日出来ます。

↑僕も参加します。ぜひ、ご投票ください!

エキサイト以外のブログ
______________________
sannougama's blog 陶芸家的田舎生活
陶片木
寝ないヒト雑記

カテゴリ
お気に入りブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
うつわのこと。日々の暮ら...
てるみん陶工房
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
upbeat mood
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
鹿児島の御茶碗屋つきの虫...
恵藍舎からの風
古本と陶芸 あれやこれや・・・
ららの陶辺木
花も団子も
陶芸 睦月
陶片木
samanthaの食卓
陶芸の日記みたいなもの
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
丁子色
誇張する陶芸家の雑念
器が好き (パンも大好き)
作陶日記 - つぐみ製陶...
My Favorite
単身赴任の酒食処・やもめ庵
夏野のお箸小話
romiの陶芸日記
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
益子もえぎブログ
ブルース日和 :風に吹か...
ゆめやえいこ ゆめがたり
もえぎ広場店ブログ
工房 「一閑」 気まま通信
今日のころり。
nonacafe庵『奥の...
陶芸の技法とレシピ 第2章
横濱酒房&GALLERY...
 ☆器とアンティークを愛...
トウゲイと ネコと ソノタ
ちまちま人生
 陶工房「上名窯」通信・...
第29回 陶炎祭(ひまつ...
296我楽多製作工房週誌
とーげいやさんになりたくて
こんこんギャラリーブログ
たろべえじゅ通信
塔子の日記
陶芸家(卵)の夫の日記み...
■工房 YUSA
瀬戸の陶芸
ほっとする時間
半陶日誌 :
かえるところ2
桃青窯696
うつわノート
なんでもない暮らし
カサツク blog
陶芸つれづれ 器と暮らし
笠間 回廊ギャラリー門
Ehoma 陶芸ブログ
きらら館
最新のトラックバック
斬新な表現に驚き アート..
from ローカルニュースの旅
テーブルウェア・フェステ..
from 陶片木
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
引越し Tポイント
from 引越し Tポイント
単身パック 引越し相場
from 単身パック 引越し相場
テーブルウエア・フェステ..
from 陶片木
麻布十番まつりに行ってき..
from タロット・セラピー・インディ..
http://kerok..
from 陶片木
2冠達成の北島康介のCM..
from おいものスポーツ新聞
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧